メキシコ将軍

“侍は立って戦う”
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 簡単・丼ぶり。 | main | メキシコ“らーめん”将軍 -調布市- >>

SHOOT BOXING2013 act.2

4月20日(日)東京後楽園ホールで、行われた
シュートボクシング2013シリーズ第2戦の観戦記。

メーンイベントの宍戸大樹×高谷浩之(DREAMフェザー級王者)
の一戦は、顔面へのサイドキックと、バックブローで都合二度の
ダウンを奪った宍戸が判定勝ち。

途中、膝を着いた状態の相手に対しての攻撃を2度行って
レッドカード(減点)を提示された宍戸。
精神的に相当なプレッシャーがあったのではないだろうか?
高谷選手の圧力に追い込まれて、繰り出してしまったように見えた。

青コーナー側の近くで観ていたのだが、高谷選手の持つ雰囲気
(オーラ)は半端なかった。よくヤンキー気質に居がちな相手を
威嚇するような仕草は全くないが、その眼光と佇まいだけで
“ホンモノ”の凄味があった。テレビでは観ていたが、チョット‥
ってか、かなりファン(笑)になった。

セミファイナルは、鈴木博昭×モハン・ドラゴン(MAキックスーパー
ライト級王者)足の負傷から復帰戦の鈴木が、激闘戦士・モハン・
ドラゴンを迎撃する一戦。モハン選手は日本国籍ではないが、SB対
MAキックの王者同士の対抗戦は、古くから続く伝統なんですねコレ。

試合は、予想通りモハン選手がフルイングのパンチをブンブン
振り回して行くと、鈴木は冷静にガードを固めながら蹴りで牽制。
モハン選手のラッシュに場内が騒めく中、狙いすました鈴木の
左フックがモハン選手の顔面にヒット!一発でダウンを奪う。

立ち上がるもダメージが見られるモハン選手。
明らかに勢いが失速した相手に対し、鈴木は蹴りでモハン選手を
突き飛ばながら、フィニッシュを狙っていく。
所が…前に出る鈴木に、強振したモハン選手の右フックがカウンター
で炸裂すると、今度は鈴木がダウン!
立ち上がった鈴木だが、足元が覚束ない様子を見て、レフェリーが
試合をストップ。モハン・ドラゴン選手が逆転のKO勝ちを収めた。

両選手ダウンを奪い合うスリリングな展開で、一発で試合が
ひっくり返る、まさに格闘技の醍醐味が凝縮した試合であった。
噂されるS-cup 65kg級は、高谷選手も圏内だと思うし、
vsモハン、鈴木博昭戦は、ゾクゾクするカードなんで期待したい。

昨シーズンSBマットを最も盛り上げたと言って過言がない活躍を
見せた鈴木悟が、シーザージムの秘蔵っ子、坂本優起を相手に
行われたSB日本スーパーウェルター級のタイトルマッチは、
最後まで必死に前に出続けた坂本優起が、悟選手とのタフマッチを
制し、5R.判定で念願の新チャンピオンに輝いた。

数々の選手をマットに這わせてきた、悟選手の強打に耐えて
手数で圧倒し、総力戦を制した坂本。今後、この階級に待ち構える
強豪との対戦は毎試合試練になるが、“坂本スタイル”を確立し、
SB伝統の階級を盛り上げて行って欲しい。

SB日本スーパーフェザー級の次期挑戦者決定戦、ナグランチューン
・マーサM16×才賀紀左衛門は、延長戦にもつれ込むと、
前フェザー級王者のマーサが失速。紀左衛門が判定勝利を収めて、
歌川暁文の持つスーパーフェザーのベルトへの挑戦権を手に入れた。

足のボルト除去手術から復帰の女王RENA。序盤は慎重な動きで
距離を取る安全運転をするも、相手の攻撃を見極めると、
打撃を丁寧にまとめて、最後はスタンディング・チョーク葬。
初参戦の台湾選手を相手に、復帰戦を一本勝ちで飾った。

やはりRENAが登場すると、会場は華やいで大きな声援が飛ぶ。
今のSBを代表する選手であるRENA。今年もGirl's S-cupの主役は
RENAを中心に回っていく。


■SBスーパーウェルター級・新王者/坂本優起

【追記】
メーンの宍戸の傍らに、シーザージムの番長・石川剛司の姿が。
宍戸にとっては、この上なく頼もしいセコンドだったろうな〜
流石は『アニキ』・タケチ!

SB | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

>Kヲさん
コメント、サンキューです。
悟選手も無茶苦茶ナイスガイなんで、このタイトルマッチは複雑な心境でしたが、
シーザージム出身としてここは坂本に頑張って欲しかったので、結果が出て良かったです。
本文にも書きましたが、宍戸とも梅野とも違う坂本スタイルに期待したいです。

高谷選手の漢っぷりには参りましたね〜
宍戸の反則にも「別に。DREAMじゃ有りだし。」って、まー男前ですわ!
カリスマ性も含めて彼を慕ってついていく後輩?達の気持ちが分かる気がします。
『格闘技に出会って…』←いやホントそう思います!何か地元じゃ相当‥

怪物くんは、変な意味じゃなくてアレで間違いじゃなかったと思います。相手がモハン選手だからこそ、あの試合展開になったと思うし、次やる時も“格闘技”を見せてもらいたいし、本人もそうするんじゃないかと。(ワンマッチであれば…)それにしてもモハン選手、良かったっすね!彼はボーウィーに似たスピリットを持ってますねー

紀左衛門選手も派手でイイっすね。アバレンジャーとは異なる種類のキックの制空権争いになりそう…?

この日は、松花、石塚を含めてシーザー勢が全勝。マーサの巻き返しにも期待したいですし、
あと力道場もカズ、ユージ、あとコーヤ!いい練習が出来てるみたいなんで、今年は特に島田に期待してます!
管理者 | 2013/04/25 1:23 PM
まずは坂本選手、チャンピオンおめでとうございます。やっぱりスーパーウェルター級のベルトはシーザージムにないとまずいっしょ!スタミナと手数で相手を追い込むスタイル、好きです。人力車と共に浅草を盛り上げていってほしいですね。高谷選手、初めて見ましたがある意味、格闘技と出会ってよかった人ですね。。。圧力もすごいしファンもすごい。。これからもSBに参戦して総合で培った技でぶん投げてほしい。怪物君VSモハン選手、これは派手な試合でしたね!会場が沸きました!両選手あっぱれです!紀左衛門選手、まだ若いし、シーザージムに移籍したとか?!あの足技は天才肌ですね。坂本選手を中心にシーザージム日本人選手達の活躍が期待!Sカップ日本人チャンピオンが見たいっす!
Kヲ | 2013/04/25 9:44 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mex.jugem.jp/trackback/650
この記事に対するトラックバック