メキシコ将軍

“侍は立って戦う”
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 明日は『S-cup』!! | main | 神保町でカレー >>

メキシコ“らーめん”将軍2012−渋谷区−

【一福@初台】
初台勤務時代に通った店。
以前あった場所から移転(初台駅寄りになった)していた。
定番の味噌ラーメンに以前はセットメニューにあったミニカレーを注文。

やはり一福の味噌ラーメンとミニカレーの絶妙コンビは最強。
今主流のこってり系味噌ラーメンとは一風変わった
『一福』の味噌ラーメンは、お母さんの笑顔と同じ優しい一杯である。


【やぐら亭@初台】
初台のラーメン店二軒目は『やぐら亭』。
この店も週一ペースで足を運んでいたのではないだろうか?
約8年振り?に訪問すると、こちらも店がリニューアルしていた。
オーソドックスに支那そば(大)を注文。
そういや昔この店で、夏になるとドライアイスの上に盛られて出てくる
つけ麺をよく食べたっけ‥

そんな事を思い浮かべているとラーメン到着。
スープを、そして麺を一口。美味い。あの当時の感覚のまま。
今思うと、『永福町大勝軒』系に近いかも。
『やぐら亭』は私にとって20代後半〜時代のノスタルジーに
浸れるラーメン。


【道楽@参宮橋】
この店はラーメンにハマり始めの頃に来ていた店のひとつ。
「ラーメンショップ」系に似たラーメンだが、クドさを感じない
豚骨スープがやみつきになる。

そして、この手のラーメンに「ネギ」はお約束。
初めは麺と絡めて。後半はスープに浸し混ぜ合わせてすするべし。


【すずらん@渋谷】
以前から気になっていたすずらんに初訪問。
つけ麺かラーメンか迷ったがココはラーメン(醤油)を注文した。

魚出汁の効いたスープに細麺がのど越しよく吸い込まれペロリと完食。
近くに新宿煮干し『凪』も進出してきており“意外に”層の薄かった?
イメージの渋谷エリア。警察署裏スポットが熱くなって来そうかな?


 
 『すずらん』の永久玉子券。

 こんなのもらったら、

 絶対また行っちゃうな。



【追記】
『S-cup2012』は、絶対王者・アンディ・サワーが決勝で一番弟子の
オプスタルを破り、通算四度目となるS-cup王者に輝いた。

日本人シュートボクサー二人は共に一回戦は突破したものの、
鈴木博昭は負傷によるドクターストップ、宍戸大樹はまたしても
サワーの牙城を崩せずにKOで散った。

来年のSBは、ここ数年続いているが、やはり選手の底上げ。
事実上のエース鈴木博昭、女子のRENA共に負傷しており、
各階級の王者、ランカー達の奮起、あるいはフレッシュマンクラス以下の
選手達もチャンスだと思って熱いファイトでSBを盛り上げてもらいたい。

JUGEMテーマ:らーめん

らーめん | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

>Kヲさん
コメントサンキューです。
日本人の二人、どちらかが決勝に残って入ればまた違っていたんでしょうが、
こればかりは、勝負なんで仕方ないッスよね…
但しあの日は、運も含めて一番強かったのは紛れもなく
サワーで、順当すぎる程、順当な結果と言えましたが、
リザーブで強さを見せつけたリスティを昨日になりますが、
K-1MAXのリングでダウンを奪ってキッチリ買ってますからね。
未だに盤石の強さで、今後もサワーに勝つには皆、相当な実力をつけないと、
勝つのは疎か勝負にもならないかも知れないスね…
鈴木博昭は、やはり65kgが主戦場になるでしょうから、
そういった意味でも松花ですね。S-cupでは負けてしまいましたが、
まだ体も大きくなるし、本人もやる気なんで期待してみてください。
23日は恒例のシーザージムの餅つきですよ〜浅草で会いましょう!
管理者 | 2012/12/17 8:40 PM
お久しぶりです。S-CUP、決勝戦、やや結果が予想できてしまったので緊張感に欠けてしまいましたが、やっぱりアンディはすごいですね、4回優勝、この記録は到底破られる事はないでしょう。。2013年、SB、緒形健一、宍戸宏樹に継ぐ本家シーザージム所属の日本人選手に活躍してほしい!
Kヲ | 2012/12/17 10:30 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mex.jugem.jp/trackback/642
この記事に対するトラックバック