メキシコ将軍

“侍は立って戦う”
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< サウスポー | main | メキシコ“らーめん”将軍@浜松町 >>

SHOOT BOXING2012 act2

2012年、第2弾興行となるこの日メーンは、
アンディ・サワー×鈴木悟。

『S-cup』の本戦に持ってきてもおかしくないこのカード。
昨年、SB日本タイトルを手中に収め、開幕戦では“破壊神”ボーウィーとの
乱打戦を制した悟選手が、SBの絶対王者サワー相手にどこまで食らいつくか?

試合前の宣言通りに悟選手は1Rから前に出て、スロースターターと言われる
サワーにパンチで前進する完全に短期決戦(KO)狙い。

弱点のローキックは、サワーの場合自身がコメントしているように、
ガードを固めさせておいて振り落とすパターン等、コンビネーションで打つ
ローキックが多い為、先手を取ってサワーを下がらせて間合いを潰す事で
被弾率を下げていた。

しかし、お互いが想定内の中での戦いになると、そこは百戦錬磨のサワー。
分が悪いとみるや、長槍の如く飛んでくる悟選手のパンチに対し、
サワーはスピードを生かしスロースターター返上で回転力の早い打撃を
叩き込み、悟選手がガードを固めると、首相撲からヒザを突き刺す!

この展開になると、いよいよローキックも当たり始めさらに劣勢になる悟選手。
いつの間にか顔面から出血も見られ、ダウン寸前まで追い込まれる。
しかし、分けられるとロングの左ボディフックで突進し、顔面を血に染めながら、
鬼気迫る形相で拳を振るっていく。この姿には胸が熱くなった。

2R.に入ると、サワーにエンジンが掛かり、悟選手をロープに追い込むと
鬼・コンビネーションを発射。パンチにはガードを固め絶え続けた悟選手だが、
徐々に脚が効き始めると、ついにローキックでダウン。

さらにサワーが追撃し、ローでダウンを追加する。
あと一回のダウンでTKO負けとなる悟選手はコーナー際でフロントチョークを
仕掛け一発逆転を狙うも「キャッチ」にならず‥最後はサワーのローの前に
限界にきていた脚がもつれるようにしてダウン。サワーがTKO勝利を飾った。

悟選手のスピリットにアンディは勿論、観客から賞賛の拍手が送られていた。


セミファイナルに組まれたのは、鈴木博昭×リオン武の一戦。
『SHOOT the SHOOTO』でSBルールでいきなり東洋太平洋王者、
宍戸大樹を下し、その実力をまざまざと見せつけたリオン選手に、
日本ライト級王座を獲得し、SBで今最も勢いに乗る「怪物くん」鈴木が
SBの看板を背負って迎え撃つ“バチバチ”の対抗戦。

1R.鈴木が得意のパワフルな左の蹴りを放って下がらせるも、リオン選手は
蹴り脚を掴んでこかしたり、投げ捨てたりと一歩も引かない。
その攻防の中、上手く蹴り足をすくい投げたリオン選手がシュートポイントを
奪取!宍戸戦の嫌な悪夢が脳裏によみがえる。

2R.鈴木の強みは、蹴りがパワーだけでなく様々なフェイントを使える所。
右足のブラジリアンキック風のかけ蹴り等、多彩な蹴り技で揺さぶり、
攻撃の的を絞らせない。後半になるとパンチもヒットする場面もあったが、
リオン選手も致命的な一発はもらわず、一進一退の攻防が続く。

3R.鈴木がSPをリカバーするには微妙な展開が続く中、
残り十秒前に鈴木とリオン選手のパンチが交錯し両者ダウン!
鈴木は腰を落とすも立ち上がると、一方のリオン選手はマットに背中を着けた
状態であった為、ダウンカウントが続く。リオン選手は何とか立ち上がるも、
目の焦点が合わずレフェリーがストップ。鈴木博昭が劇的なKO勝利を収めた。


その他、セミ前には絶好調のフェザー級王者ナグランチューンマーサが、
かつて敗れた修斗の二冠王・マモル選手に判定でリベンジに成功。

女子の試合では、女子高生トーナメント「JKS48」は、本命のMIO(及川道場)
と大塚尚子(シーザージム新小岩)が勝ち進み準決勝に進出。

また同じ十代で、本戦に出場した魅津希選手は、体重オーバーで失格となった
未奈に対し試合成立を直訴。さらにグローブハンデの提示をも拒否し対戦。

見事なボディワークで未奈のパンチをスイスイとかわし、殆ど当てさせず圧倒。
シャープなジャブを突き刺し未奈の鼻を破壊すると、ドクターストップ。
魅津希選手が、ガールズS-cup3位の実績を持つ美奈に何もさせず完封した。

末どころか「今」恐ろしい、魅津希選手。RENA、神村選手との対戦も見たい。

【追記】
歌川×石川戦、ライバル対決を制したのは歌川。
過去に比べて地味な内容に映ったが、手の内が分っているが故の膠着、
削り合いになったのかな…。

試合後、プレス用のカメラに向ける歌川の頭を、後ろから石川がグローブで
ポンッ!と叩いて去ろうとすると、歌川が直ぐに駆け寄りロープを上げて
石川を送り出す。うん!やっぱ、この二人イイわ…イカしてる!!

SB | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

>Kヲさん
コメントサンキューです。
先日は、お疲れでした!日付指定はKヲさんで、双子揃い踏み。
自分以外は皆レインメーカー(金ぢゃなくモノホンの雨)何じゃないッスか?(笑)
来年は満開のリベンジと行きたいとこッスねー
管理者 | 2012/04/18 10:46 AM
仕事で観戦できなくて残念。。。行きたかった。。こないだはお越し頂きありがとうございました。花見、、、サムカッタッスね。。翌日はいい天気でしたね。。やっぱり双子が揃うと雨が降る??
Kヲ | 2012/04/17 1:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mex.jugem.jp/trackback/637
この記事に対するトラックバック