メキシコ将軍

“侍は立って戦う”
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< あと一カ月 | main | Hungry Tiger >>

オガケン

「ホッとした」とも「残念」とも違う。言葉にしようがない心境‥。
それが、率直な今の思いである。

初めてオガケンと会ったのは、まだ18、9の時だったか?
確か築地に出入りする弁当配達のバイトしてた時だと思う。

当時のシーザージムの練習生は皆兄弟子だったエース
阿部(多加志)さんに傾倒しており、中でもパンチの強かった
オガケンがそのスタイルに一番近かった記憶がある。

トーナメント方式のSBアマ大会も空手&柔道で培った抜群の
基礎体力に加え、メンタルも強いからムラが少ない分、
スーッと勝ち上がって優勝を決めプロデビューした印象がある。

プロデビュー後は、内に秘めた野性味が覚醒し、常に「打ち合い上等」の
試合展開を見せつけ注目を浴び、吉鷹弘引退後は入場曲を継承。
さらにはSBの奥義とも言えるアッパーストレートを“シーザー魂”と共に
伝承し、堂々のメーン・イベンター/エースとして君臨した。

(ファルコン級)日本チャンピオンになった西林誠一郎(力炎館)戦、
アウェーMAキックでの伊藤隆さん(山木)との対抗戦、
世界屈指の強豪、ラモン・デッカー、デニー・ビルとの激闘、
現在のK-1 MAXの前身「K-1 J-MAX」での久保坂戦、
さらにはリングスルールの試合や、S-cup2006での宍戸、アンディとの試合…
挙げたら切りがない程の命懸けの戦いを見せてくれた。


11月23日の引退式でオガケンはどんな姿で10カウントゴングを聞くんだろう‥?
できれば『ファイナルカウントダウン』が流れる中、赤いグローブをつけて
BEAMSのガウンを纏いリングに上がってきて欲しい。
自分の居場所・・・・・・シュートボクシングのリングの赤コーナー。

赤コーナー、シーザージム所属・S-cup2006王者、
172センチ・70キロ、緒形建一〜!!

【追記】
【Shoot Boxing World Tournament "S-cup 2010"】
11.23.Thu.Tokyo−JCB.hall

お問い合わせ:シュートボクシング協会:03-3843-1212
オンラインチケット:http://www.shootboxing.org/

SB | permalink | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

出美流漫さん

あけおめです?(^^)
はながたパイセンのブッキングは忘年会のファインプレーでした!
GW頃?また会いましょう!
管理者 | 2015/01/25 9:12 PM
↓あ、庵谷です。
出美流漫 | 2015/01/25 9:10 PM
長ら~く書き逃げしててすいません!m(__)m

誰だろう?

全く解りません(⌒‐⌒)
出美流漫 | 2015/01/25 5:50 PM
>出美流漫さん
ご無沙汰してます!
当時、時間帯が合うとバックブロー&左ミドルの餌食にされた日々のトラウマが…(笑)
今ではイイ思い出です〜近況は如何ッスか?FBやTwitterは、やってますか? 探してみます!
管理者 | 2013/04/12 2:09 PM
同じ時代にジムにいた方ですね(^〜^)
出美流漫 | 2013/04/12 9:56 AM
>Kヲさん
コメントサンキューです。
最後“もう一回”だけ引退試合を見たかった反面、
同じ位無理しないでくれという感情もありました。
そう。決定的なのは首の怪我は、その無理を強いなければならない事です。
場所が場所だけに日常生活に支障を来す状態になる可能性も万が一にもあります。

決断したオガケンの為にもファンの人達の為にも、11月23日は素晴らしい大会に
なると良いし、したいですね。
管理者 | 2010/11/05 8:51 AM
同世代のファイター、何度か一緒に呑んだ事がある、SBにハマるきっかけになった選手、BEAMS W田さんが言ってたけどオガケンのファイトスタイルや人格に惚れ込んでスポンサードすることに決めたらしいし、ほんと‘お疲れさま、ありがとう‘としか言葉が出ないと、いうかそれしか言えないな。。。
Kヲ | 2010/11/04 2:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mex.jugem.jp/trackback/576
この記事に対するトラックバック