メキシコ将軍

“侍は立って戦う”
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 俺は待ってるぜ | main | キッチンタカハシ >>

FANTASISTA & WILDBOY...

 どうも。
 【中村俊輔】スコットランドリーグMVPに。
 
 所属するセルティックがリーグ優勝を果たし、
 MFの中村俊輔が年間最優秀選手に選ばれた。
 活字では『世界レベル』とか簡単に使うけど、
 サッカー選手で、本当の意味でこの言葉に
 相応しい結果を残した俊輔はヤッパリ凄いし、
 
 日本人として誇れる事だと思う。
 団体競技であるサッカーは個人の力が、そのまま即ナショナルチーム
 (代表)に反映されるかと言えば、そうとも言いきれない。
 しかし、動きの止まった場面での武器(フリーキック)を持っている
 俊輔は相手チームにとって、非常に厄介な存在であると思います。

 個々の特性も違うし、日本代表チームがセルティックの戦術を
 そのまま流用するのは、不可能だしヤル必要もない。
 けれども、ナショナルチームが彼を軸としたチーム作りをして
 然るべきほどに、俊輔の力はレベルアップしているとも思う。
 
 代表絡みで期待したいのは、FWでは長身の平山と巻。
 彼等の頭にピンポイントで合わせる“高さ”の勝負と、
 我那覇や玉田(最近名前を聞かないが…)といった
 スピードのある選手を生かした幅広いコンビネーションも見たい。
 (ヨッ君(大久保嘉人)はどうかな…?ゴール嗅覚はあると思うけど…)

 暗いニュースが続く中、中村俊輔のMVPは海外で活躍する
 日本人メジャーリーガーと同じく、とても明るいニュースでありました。
 



【追記】
同じ新聞に、こんな記事も載って
ました・・・。
ミルコは、たま〜にヤルんだよね、
こ〜いう“チョンボ ”… 【K−1】参戦時の
M.マクドナルド戦や【PRIDE.】での
K.ランデルマン戦はヤッパ、今回と同じく
“チョンボ”だったと思いマス。

ミルコが、UFC初戦に【PRIDE.】のテーマ
(ダン、ダン、ダダンッ!)で入場し、オクタゴンに入ったと聞いて
シビレたんだけどなぁ〜・・・。残念ッ・・・。

因みに俺がUFCに最も適していると思う【PRIDE.】ファイターは
吉田秀彦。道着の着用は禁止かどうか分からないけど、
下にならない(背中をつけない)スタイルと金網に囲まれた広いリングは、
彼にとって有利になると思うし五輪経験者で、しかも金メダリストの
吉田はオクタゴン(金網)の持つ独特の圧迫感も物怖じせずに、
平常心で戦える気がするからなのですが、どうでしょう…?



サッカー/野球 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mex.jugem.jp/trackback/156
この記事に対するトラックバック
中村俊輔 |誕生日=1978年6月24日 |出身地=神奈川県横浜市戸塚区 |身長=178cm |体重=70kg |血液型=O型 |所属チーム名=セルティック |ポジション=ミッドフィールダー|MF |背番号=25 |利き足=左 |CAP数=63 |代表ゴール数=16(歴代10位)}}中村 俊輔(なか
中村俊輔 | ひなたの記録 | 2007/04/25 4:06 AM